長崎支店

MAPはこちら

長崎の歴史と共に歩み続け、地域の発展に貢献

1946年に住友商事(株)の前身である日本建設産業(株)の長崎出張所が開設されて以来の長い歴史があります。
長崎の主力産業である船舶・発電プラント向けの取引を中心に、地域経済に密着し、行動力をもって地域の発展に貢献しています。

取扱商品

【金属チーム】
火力発電用ボイラー鋼管、舶用ボイラー鋼管、舶用鋼管、ステンレス鋼板、継手などの金属製品、アルミ、銅、チタンなどの非鉄金属製品
【航機・開発チーム】
特定用途向け誘導制御装置、電子制御機器、記録機器、 各種試験装置、個別装置、鍛造材料、機電製品、他

ビジネスハイライト

300年以上前に始まった、住友と長崎の歴史

坂本龍馬が、長崎に日本最初の商社・亀山社中(後の海援隊)を設立したのが、1865年(慶応元年)です。船で人員・物資を運搬する運輸業など、各種商業活動を行っていました。現在の総合商社の業務は多岐にわたっていますが、その原形は長崎から始まっています。住友が初めて長崎に出店したのは、それより更に約185年さかのぼる天和元年頃(1681年頃)で、三代目住友友信の時代と言われています。当時、港に面した浦五島町(現五島町)の一角にあった長崎店は、銅蔵、銅掛場などを備えた、かなりの規模のものであったと伝えられています。この時代の輸出用銅は、大阪鰻谷の吹所で精錬され棹銅となり、船で運ばれて長崎店に納められた後、出島オランダ屋敷や新地蔵所(現新地中華街)などに運ばれたそうです。300年以上前から、住友と長崎はグローバルな仕事で結びついていたのです。

次世代のビジネスモデルを構築するべく、業容拡大を進めています

住友商事(株)各事業部門などとの情報交換、戦略共有、取扱メーカー各社との商品戦略と情報交換を行い、地域戦略を融合し、住友商事グループ一体となって「総合力」を発揮しています。特に、顧客ニーズにマッチした次世代ビジネスモデルの構築と商品開発を目指し、業務拡大を進めています。