社会貢献

住友商事グループの環境方針

環境方針

住友商事グループは、グローバル企業として、環境問題が地球的規模の広がりを持つとともに、次世代にも及ぶ長期的な問題であることを認識し、健全な事業活動を通じて、社会・経済の発展と地球環境との共生を目指す「持続可能な発展」の実現に向け努力する。住友商事グループは、このような環境に関する基本理念に従い、商取引、開発及び事業投資等において以下の方針に基づき環境マネジメントを実現する。

基本理念
住友商事グループは、グローバル企業として、環境問題が地球的規模の広がりを持つとともに、次世代以降にも及ぶ長期的な問題であることを認識し、健全な事業活動を通じて、社会・経済の発展と地球環境との調和を目指す「持続可能な発展」の実現に向け努力する。
基本方針
住友商事グループは、国内外におけるさまざまな事業活動を行うにあたり、以下の方針に従い、グループ会社が協力して、この環境の基本理念の実現に努める。
1.環境に対する基本姿勢
良き企業市民として、当社の行動指針に沿い、地球環境の保全に十分配慮する。
2.環境関連法規の遵守
国内外の環境関連法規を遵守する。またグループ各社は同意した協定等を遵守する。
3.自然環境への配慮
自然生態系等の環境保全ならびに生物多様性の維持・保全に十分配慮する。
4.資源・エネルギーの有効活用
資源・エネルギーの有限性を認識し、その有効利用に努める。
5.循環型社会構築への寄与
廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルに取り組み、循環型社会の構築に向け努力する。
6.環境保全型事業の推進
総合力を生かし、環境保全事業を推進し、社会の環境負荷の低減に貢献する。
7.環境管理の確立
環境マネジメントシステムを活用し、環境目的・目標を設定、定期的な見直しを行い、その継続的改善を図りつつ、環境汚染の予防に努める。
8.環境方針の周知と開示
この環境方針は、住友商事グループで働くすべての人に周知するとともに広く開示する。

環境問題への取り組み

企業の社会的な責任のひとつに、環境問題への取り組みが有ります。

当社は、環境に関する国際規格であるISO14001の環境マネジメントシステムに基づき、環境への負荷を軽減する活動に注力しています。

「ラブアース・クリーンアップ」海岸清掃活動に参加

グローバル情報の発信

九州の経営者の皆様に最先端のグローバル情報を紹介しています。

住友商事(株)のシンクタンクである住友商事グローバルリサーチから講師を招き「住友商事グローバルリサーチセミナー」を開催し、総合商社ならではの情報を紹介しています。

人材育成をサポート

九州大学が実施する「次世代の東アジアリーダー育成」を目指したプログラムに協力しています。

日本・韓国の学生が、特別講義・文化体験および日韓両国の企業におけるインターンシップを通し、知識と経験を深め、未来へ踏み出そうとする活動を支援しています。

学生によるプレゼンテーション

環境ビジネスへの取り組み

住友商事グループならではの「総合力」で最先端の環境ビジネスを積極的に推進しています。

学生によるプレゼンテーション

その他の取り組み

ペットボトルキャップ回収

キャップはNPO法人エコキャップ推進協会へ提供し、開発途上国へのワクチン代としての寄付や震災復興支援に使われています。

使用済み切手の収集

切手は公益財団法人ジョイセフへ提供し、開発途上国での社会活動資金の一部として活用されています。

障がい者就労支援事業所の商品購入

社会福祉施設で製造されている焼き菓子などを定期的に購入することで、障がい者が「働くことを通して社会参加する活動」を支援しています。